思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

ころんとかわいい小さな手まりの会01

去年、日本民藝館に行った時に気になっていた手まり。

色々調べているうちに、寺島綾子さんの作品が素敵だなと思い、いくつか本を買ったものの、なかなか作れないでいました。

理由はこの手まりを作りたい!と思っても、1つの手まりを作れる分量以上の糸を買わなければいけないから。手まりの1色ごとにミシン糸やロックミシン糸一個買うことになってしまうのです。色々な手まりを作るのに糸を買っていたら無限に糸が増えてしまいそうと思い、なかなか始められないでいたのでした。

 

そんな時に見つけたのがフェリシモの「重なる絹糸のみやび コロンとかわいい小さな手まりの会」です。寺島綾子さんデザインの手まりのキットが毎月1つ届きます。

必要な材料が毎月届くので糸が増えすぎる心配もありません。早速はじめてみることにしました。

 

第1回目は「あかつき」でした。

 

最初にわたを指定の大きさに丸めて地糸で隙間なく覆い、地割りで刺繍の目安になる目印をつけます。

f:id:i_knit_you_purl:20190120223419j:plain

地割りしたところ

 

指定の順番で刺繍をしていきます。

糸がねじれないように刺していくのが綺麗に仕上げるコツです(といっても糸が良くねじれるので難しいのですが...)。

f:id:i_knit_you_purl:20190120223527j:plain

「あかつき」が完成しました!

直径2.5cmほどのあめ玉サイズの小さな手まりなので、半日ほどで完成しました。

 

綺麗に作るポイントが丁寧に説明されているので、初めてでも綺麗に仕上げられました。

全部ではないですが、各糸は1本分くらい余分に入っているので、少し失敗してもやり直しできます。

色々な模様を作ってみたいので、まずは1年間続けてみようと思っています。

来月も楽しみです。