思いついたときに書く日記

ふと思ったことや趣味のことを気ままに書いています

わかりやすい民藝

どこかに出かけた時にふと目に留まった器や道具を集めるのが好きですが、その過程で民藝という言葉を知りました。

それから民藝に関する展示や民藝館に行ってみて、なんとなく民藝ってこういうものかな?というイメージはあったのですが、この前「民芸と暮らすはずだった展」のライブ配信の話を聞いて、私が持っていたイメージとちょっと違うかもと思うところがあったので、ライブ配信でお話しされていた工藝風向の店主、高木宗雄さんの「わかりやすい民藝」という本を読んでみることにしました。

f:id:i_knit_you_purl:20210802130214j:image

 

大まかな構成は以下のような感じなのかなと思います。

  • 民藝ができた背景
  • 民藝とロングライフデザインの共通点
  • これからの民藝にどうあってほしいか

 

民藝というとどんなイメージがあるでしょうか。

私の中では昔から作られている手作りの品物というイメージがありました。

でも、民藝という言葉に明確な定義はないのだそうです。

日本民藝館のホームページにも、民藝とは何かということが項目としてあげられていたので、定義がないってどういうことだろうと混乱してしまいましたが、この言葉が生まれた背景を辿ると納得ができました。

民藝という言葉は、「美術」によって美しさの基準が一元化されることに疑問を持った柳宗悦が作った造語なのだそうです。

私の中で消化した言葉で表現すると、民藝とは自分が美しいと思ったものを多くのひとに知ってもらい、長く作り続けられるために、作られた言葉。

一般的にはこういうものが美しいと言われているけれど、こういうものもあってもいい、こういうものも私は美しいと思う、という柳宗悦の作り手への思いを書き連ねたのが、日本民藝館のホームページに書かれている「民藝とは」という項目なのかなと理解しました。

なのでこの項目に該当しなくても、こういうものが好き、ずっと使い続けたいという要素があれば古くても新くても、物でなくても、民藝と言えるのかな、そういう意味で明確な定義がないというのかなと思いました。日常で使っているものの中にもそういうものがありそうです。

今まで民藝について、狭い範囲の話なのかなと思っていましたが、今やこれからのものづくりにも当てはまる話で、これから何度か読み返して深く考えてみたいと思いました。

注文の多い注文書

友人から面白い本があったよと本を貸してくれました。

小川洋子さんと、創作ユニット、クラフト・エヴィング商會(しょうかい)の「注文の多い注文書」です。

 

いくつもの入り組んだ路地を通り抜けた先にひっそりとあるお店、クラフト・エヴィング商會

ショーウィンドウには見たことのない変わった品物が並び、「ないもの、あります」という貼り紙も貼ってあります。

ここを訪れる人たちが依頼するものは、人体欠視症治療薬、村上春樹の小説に出てくる貧乏な叔母さん、人体に寄生する植物の標本といった、この世の中には存在しないものばかり。

それでも店主はしらみつぶしに調べたり、悩んだり、時間をかけながら、依頼されたものを納品します。

「ないもの、あります」の意味がなんとなくわかってきたでしょうか。

 

この本には依頼者とのやりとりが、注文書、納品書、受領書の形式で記録されています。

注文書には品物を依頼するにあたった背景が依頼者の視点で、納品書は依頼の品物を探した経緯が店主の視点で、受領書は品物を受け取った感想が依頼者の視点で描かれています。

読んでいるとカウンセリングの対話を聞いているような気分になります。

 

架空のお話ですが、この話がただのフィクションに感じないのは、品物の写真があるから。

この本の表紙の写真もある依頼者の品物です。

f:id:i_knit_you_purl:20210719124920j:image

写真だと何だか本当にありそう。しかも実際に本当に実在するものも含まれていて、そうすると他のものも本当にあるのかも?と混乱してきます。

 

店主が時間をかけて納品した品物ですが、受け取る時にはなぜかもう、その人にはそのものが必要なくなっているに感じられます(個人的な印象です)。どうしてそう思うのだろうと本を読んだ後に考えてみると、依頼者たちは依頼する過程でそのものが必要になるきっかけを整理したり、納品までの間に気持ちの整理ができてしまったからなのかなという結論に落ち着きました。

依頼者があるできごとを乗り越えるきっかけ(または時間)が「もの」だったのかもしれません。

 

もし、ないものが必ず見つかるお店があったとしたら、私だったら何をお願いしようか。

想像が膨らむ本でした。

パンケーキを作ってみました

9月になって急に涼しくなりました。

今日はちょっと温かいおやつが食べたいと思い、なかしましほさんの「みんなのおやつ」からパンケーキを作ってみました。

なかしましほさんのレシピは家にたいていある材料で少量(1〜2人分)作れるのが魅力的です。

 

このパンケーキはイーストを使って発酵させるので、ふわふわなパンケーキができます。

 

材料を混ぜて40分発酵。

f:id:i_knit_you_purl:20210817124812j:image

お玉でガス抜きして5分休ませます。パンを作るのにちょっと似ています。

f:id:i_knit_you_purl:20210817124856j:image

あとは焼くだけ。

f:id:i_knit_you_purl:20210817124915j:image

1回目は火力が強すぎて焦げました。

火力を弱めてて2回目。

f:id:i_knit_you_purl:20210817125014j:image

まだちょっと火加減強かったかもしれないけどそこそこの焼き加減。

もう少しちゃんとガス抜きしたら均一な焼き色がつくのかも。

f:id:i_knit_you_purl:20210827082247j:image

お手軽でお昼ご飯やおやつに良いです。

私はバターとハチミツで甘く食べるのが好きです。

夏を涼しく過ごすもの その4

まだまだ暑い日が続いていますが、夜になると秋の虫の声も聞こえて季節が変わりつつあるのかなという感じもしています。

 

夏を涼しく過ごすシリーズの最終回はもんぺです。

f:id:i_knit_you_purl:20210827082319j:image

とても涼しくて毎日履いています。

 

田舎に行くとお店の衣料品売り場にあったりするのですが、私の住んでいる近所のお店にはなかなかないので、インターネットで探して買いました。

最初に買ったのはフリマで見つけたものです。おばあちゃんが履いていそうなもんぺです。

f:id:i_knit_you_purl:20210827082341j:image

もんぺの模様は古めかしい感じもするけれど、新しい感じもします。

 

生地は木綿ではじめは糊でパリッとしているのですが、履くほど生地が柔らかくなってきます。

ゆったりとした作りで、締め付け感がなく、涼しいです。足首もゴムなので蚊が入ってくることもないのも嬉しいです。

作業着なので脛の部分や股の部分なども当て布がされていて耐久性もあります。

 

ちょっとした買い物にそのまま着ていくこともあります。

近所の小さな食料品店に行くと、レジのおばあさんが「懐かしいものを着ているわね!若い人が着ると印象が変わっていいわね〜。私もしまってあるもんぺを履いてみようかな」と話しかけてくれたりもしました。

 

こういういかにももんぺというのは履きづらいなという方には、福岡県にあるうなぎの寝床という会社が作っているもんぺがおすすめです。久留米絣というその地域で織られている生地を使っているのですが、生地の色や柄、デザインも今のスタイルに合うように考えられていて、一見もんぺには見えません。

私も一着持っているのですが、細身のパンツのようなデザインなのにきつい感じもしないし、素材も普通のもんぺと同じで涼しいです。

 

とても着心地が良いので熱く語ってしまいました。

気になった方はぜひお試しください。

夏を涼しく過ごすもの その3

夏を涼しく過ごすための工夫3つ目は、エスパドリーユというスペインで作られている靴です。

f:id:i_knit_you_purl:20210802130049j:image

 

靴底はエスパルトという植物で編まれていて、甲の部分は布でできています。

よく歯医者さんや病院に置いてあるタイプのスリッパは夏は蒸れやすいですが、エスパドリーユは素材が植物なので蒸れにくく素足でもとても快適に過ごせます。

 

お土産でもらった当初は靴が重い(外で履くものなので靴底がしっかりした作りになっている)というのもあって、あまり使うことはないかもと思ったのですが、毎日履いていると重さにも意外と慣れ、湿気の多い季節のルームシューズとして活躍しています。

夏を涼しく過ごすもの その2

週末から急に涼しくなってしまいましたが、夏を涼しく過ごすためのものの話です。

見た目に涼しく、夏はガラスの器だよねと母とよく話しています。

 

私が夏によく使うのは倉敷ガラスの器です。少し厚みがあって安定感があります。

f:id:i_knit_you_purl:20210530175814j:image

透明、薄い青、濃い青と色が豊富ですが、深い青色が好きで濃い青色を選びました。

細かな空気がガラスの中に封じ込められているのが、見た目に涼しくて良いです。

そうめん、サラダを入れたり季節に関係なく使えるのですが、暑い時期はガラスの器を使う機会が増えます。

f:id:i_knit_you_purl:20210530180112j:image

最近は朝ヨーグルトを食べる時によく使っています。

f:id:i_knit_you_purl:20210530094010j:image

大きい器は冷たいうどんに使ってみたり。今度冷製パスタも作ってみようかな。

f:id:i_knit_you_purl:20210802130302j:image

やっぱり夏はガラスの器だなぁと思います。

 

夏を涼しく過ごすもの

8月になりました。

梅雨が明けると床の敷物を変えます。

特にい草のラグがひんやりさらっとしていて、梅雨から夏の間はい草のラグに寝転がって昼寝するのが最高です。

ニトリでい草のラグを何度か買い替えながら使っていたのですが、去年またダメになってしまい(縫製が甘いのか何年か使っていると裂けてしまう)、今回はちょっと良いものに変えてみようかなと探し始めました。

 

何年か前から気になっていたのは、倉敷にある三宅松三郎商店さんの花筵です。

染めたい草を組み合わせて素敵な模様の花筵を作られていました。今見ても古さを感じない素敵なデザインです。

作り手が高齢になってしまったことと後継者がいないため今は作られておらず、もっと早く知っていれば...と残念に思っていました。

 

今年フリマサイトなどでご縁があって、三宅松三郎商店さんの製品を家に迎えることができました。

一つ目はドアマット。

f:id:i_knit_you_purl:20210517092541j:image

幾何学模様と色に惹かれました。

f:id:i_knit_you_purl:20210517092607j:image

表と裏両方使うことができるのも面白いです。

はじめは玄関マットにしようと思っていたのですが、素足に触れるととても気持ちがいいので、机の下の足マットとして使うことにしました。

 

もう一つは一畳敷の花筵。

f:id:i_knit_you_purl:20210529183942j:image

実際に使われていたものとお聞きしたのですが、新品と変わりないくらいに綺麗に使われていました。

寝そべるとい草の良い香りがして爽やかな気分になります。

使わない時はくるくると巻いて立てかけておけるのもいいです。

 

今はもう作られていないものに巡り会える時があるので、フリマのお買い物が楽しいです。

どちらも大切に長く使いたいです。