思いついたときに書く日記

ふと思ったことや趣味のことを気ままに書いています

お弁当袋を作りました

今使っているランチバッグが古くなってきたので、お弁当袋を自分で作ってみました。

参考にしたのはNUNOTOIROさんの作り方です。

nunotoiro.net

裏布付きで、自分のお弁当箱のサイズで作ることができます。

私のお弁当箱は幅17cm、まち部分6cmなので、少し余裕(1cmほど)を持たせて縦48cm、横33cmの布で作りました。

 

作り方は子ども用のお弁当袋ですが、布や紐などを自分のお弁当箱に合うようなものを選んでみました。

 

表布は福田利之さんデザインの十布02。何年か前の布博で購入したものです。

tenp10.com

十布02は福島にある三和織物で作られている刺し子織です。

戦後栄えていた繊維産業が、海外製品が出てきたことによって衰退していく中で、どうすれば売れるものが作れるのか、柳秀悦先生と考えてたどり着いた製品なのだそうです。

風合いを保つために1時間で1mという速度で織られています。

そんな物語を持つとても素敵な布で、何を作ろうかと寝かしていました。

 

裏布は刺し子の糸の色に似ている布がいいかなと思い、シーチングを使いました。

 

刺し子織を織れる職人さんも今は数少なく、貴重な布と思うと裁断も緊張します。

布を無駄なく使えるように配置を考えて裁断しました。

 

作り方通りに縫っていき、紐を通す前の状態です。

f:id:i_knit_you_purl:20201104164029j:image

チャックをつけたらポーチにもできそう。

いい加減な私には、裏布付きのバッグをきっちり作るのは難しいのですが、作り方の説明がとても丁寧で綺麗に仕上がりました(アイロン掛けが重要)。

f:id:i_knit_you_purl:20201104164043j:image

 

5mmの紐を通し、木製のループエンドを通して出来上がりです。

f:id:i_knit_you_purl:20201109071431j:image

 

お昼に持っていくのが楽しみです。

f:id:i_knit_you_purl:20201109071619j:image

 

家で作っていたら「布の柄が良いね」と母に好評でした。余り布で母にも何か作ろうかなと考え中です。

塗り絵をしてみました

ヒヤパ(id:hiyapa)さんの塗り絵企画に参加させていただきました。

 

ヒヤパさんは普段は空き家巡りの記録をされている方で、今では珍しいデザインのお家が見られたり、昔に想いを馳せたり楽しく読ませていただいています。

そんなヒヤパさんですが時々イラストや文章も描かれていて、密かなファンです。

hiyapa.hatenablog.com


先週はバレンタインデーでしたね。

私は全然関係なく、14日はホットケーキを作って食べました(なかしましほさんのパンケーキにはまっています)。

塗り絵のイラストは、チョコレートを届けてくれる郵便屋さんでしょうか。

ポストをイメージして色塗りしてみました。iPadのメモ帳機能を使っています。

f:id:i_knit_you_purl:20210224200419j:image

絵心がないので、配色などめちゃくちゃですが、久しぶりの塗り絵、楽しませていただきました。

ありがとうございます♪

椅子を新調しました

リモートワークになって悩んでいたのは腰痛。

社会人になってから腰痛になり、毎週フットマッサージに通うようになってようやく痛みを感じる頻度が少なくなってきていたのですが、去年のリモートワークで自宅の椅子に座り、1週間で腰痛が元の状態に戻ってしまいました。。。

座って1時間もすると痛くてじっとしていられず、痛くなったら立って仕事をしてみたり、正座で仕事してみたり、柔軟体操をしたり、色々紛らわしながら過ごしていました。緊急事態宣言に伴う2回目のリモートワークでは、腰痛をぶり返したくないと思い、腰痛対策の椅子を探してみることにしました。

 

色々検索して購入したのは、バランスシナジー。ちょっと高価な椅子ですが、腰痛を感じながらの仕事は辛くて効率も悪いので少しでも軽減できるならと思い切ってみました。

3ヶ月使って満足できない場合は全額返金保証があり、しっかり使って判断できるということと、保証期間が10年間ということもこの椅子を使ってみようと思うきっかけになりました。

小さめの座面のラウンド型と大きめの座面のスクエア型のどちらにしようか悩んだのですが、私は椅子に長時間座ると太ももが痛くなる感じが気になっていたので、接触面積の少ないラウンド型を選びました。

 

椅子は組み立て前のコンパクトなパッケージで届きます。

f:id:i_knit_you_purl:20210208114833j:image

座面と軸と足を説明書に従って組み立てます。

座面は自転車のサドルのような形状で向きが決まっているので間違えないように気をつけます。

正しい姿勢で座れるように高さ調整をすれば完成です(高さは後で変えることができます)。

f:id:i_knit_you_purl:20210208114757j:image

丸いフォルムのかわいらしいデザインです。コンパクトでデスク周りが前よりもスッキリした感じもしていいです。

 

この椅子は普通の椅子と違う点がいくつかあります。

座面が傾いている

座面が傾いていることで股関節の角度が調整されて正しい姿勢になりやすくなっています。水平の椅子だと正しい姿勢を意識しないと猫背の姿勢になりがちですが、この椅子に座っていると自然とまっすぐの姿勢で座り続きやすい感じです。

脚の部分がロッキングチェアのようになっている

はじめは不安定で座りにくいかもと心配していたのですが、両足が地面についているので、ゆらゆらすることはありません。意図的にゆらゆらさせてちょっとした気分転換もできます。

母も一緒に使っているのですがロッキングチェアみたいでいいねと言っていました。

オートリターンの座面

座面は回転できるのですが、バネのように自動的に元の位置に戻ります。

普通の椅子のように向きを変える用途で使うこともできるし、ちょっとした気分転換に腰を動かす運動もできます。

 

そんなユニークな椅子を毎日使い続けて2ヶ月過ぎましたが、腰痛はほとんど感じていません。

正しい姿勢で座れていることと、小まめに運動できてずっと同じ姿勢にならないことが良いのかな。

職場の椅子もこの椅子にしたいです。

緊急事態宣言の解除までもうしばらくこの椅子にお世話になりそうです。

出西窯 窯焚きライブ配信を見てきました

東京の土日は晴れて春が来たのかなと思うような穏やかな週末でした。

週末は島根にある出西窯の窯焚きライブ配信をインスタグラムで見てきました。

出西窯は去年「最高に美しいうつわ」という本を読み知った工房です。

私も出西窯のエッグベーカーとどんぶりを使っています。

土の風合いと釉薬の色を両方楽しめるシンプルで普段使いにぴったりな器です。

出西窯では普段から工房の見学ができるのですが、窯焚きの様子はなかなか見学できないので、貴重な機会と思い参加しました。

 

出西窯には登り窯、灯油窯、電気窯といくつかありますが、今回は昔ながらの登り窯の中継です。

火入れから薪をくべるところまで工程ごとに配信され、コメントでの質問に答える実況中継と、定点カメラの中継がありました。

実況中継されている職人さんの話し方が山下達郎さんに似ていて、落ち着いて聴けるわかりやすい実況です。

 

出西窯での登り窯の窯焚きは昔は毎月あったそうですが、灯油窯や電気窯も使うようになったので登り窯で焼くのは年に4〜5回。今回は今年初めての春の窯焚きです。

窯の周辺には田んぼと民家が広がっています。

窯焚きの際はたくさんの煙が出るので周辺にお住まいの方の理解もあって活動ができているそうです。

 

窯焚きで焼く器は3000点ほど。作品を窯に丁寧に並べていきます。

窯の温度は1200〜1300度で位置によって100度ほどムラがあるため、3つの釉薬を使い分けて作品を作っているそうです。

温度の高くなる場所には高温で溶ける釉薬を使った作品を置き、周辺に行くに従って低い温度で溶ける釉薬の作品を置いていきます。

火入れ前に神棚に成功をお願いして火入れを始めます。

窯焚きは技術も必要ですが最後は自然の力に任せる部分もあり、成功を火の神様にお願いするのだそうです。

 

登り窯は階段上に6つの窯が連なっています。修理を重ねながら半世紀ほど大切に使われている窯です。

一番下の窯から火入れして、一つの窯を4時間ほどかけて加熱し、次の窯に移っていきます。

4時間x6つの窯で、ちょうど一日がかりの窯焚きになります。

火を入れた後は、窯の中のいくつかのポイントに設置した温度を測る道具の様子を見ながら、薪をくべていきます。

温度を測る装置は陶器でできていて、棘のような針がピンと立っています。

窯の温度によってだんだん折れ曲がっていき、針が完全に倒れると、火を消すタイミングなのだそうです。

 

薪は窯の様子を見ながら10分おきにくべていきます。

窯は奥行きがあるので、均等に火が回るように小さな穴から、薪を奥の方から手前にかけて順番に薪を投げ込んでいきます。薪を手前に投げると入り口から火が噴き出し、すごい迫力です。窯の中に並ぶ作品に当たらないように投げなければいけない緊張感も感じます。

薪を一通り投げ入れたら窯の入り口の蓋をして、次に入れる薪の準備をして、薪を入れる時間が来るまで待つことの繰り返しです。

待っている間は、これからどうやって火を入れていくかなどの仕事の話をしたりしているそう。

 

窯の当番は8人で4時間おきに交代しているそうで、引き継ぎのため、ノートに記録をつけながら行なっていく繊細な作業でした。

職人さんはに気の抜けない時間が続きますが、私は夜の静けさの中にパチパチと薪の燃える音とコロンと薪をくべる音が心地良く、いつのまにか眠ってしまいましたが、窯焚きはまだまだ続きます。

 

昼間は薪の燃える音の他に、粘土をこねる機械の音や、草刈り機(?)の音、車が通る音といった夜とはまた異なる音が聞こえてきます。

同じ作業の繰り返しが続きますが、薪を投げ入れる作業も人によってスタイルが違っていたりして、飽きずにずっと見ていられます。

 

私が特に面白かったのは、窯によって焼き上がりが異なること。

登り窯は器を置く場所によって若干温度にムラがあったり灰を被ったりして、貫入があったり焼き上がりに色々な表情がありますが、灯油窯は温度の均一性を保ちやすく均一な焼き上がりになるそう。

電気窯は青の釉薬の色が出やすく、出西ブルーと言われる器はほとんど灯油窯で作られているそうです。あとで私の持っている器はどの窯で焼いたものなのか観察してみよう。

 

工房の方は真面目に仕事をしつつ、気さくに質問に答えてくださったり、代表の方が猫ちゃんと登場してくださったり、職場のとても良い雰囲気が伝わってきました。

今は遠くへの旅行はできませんが、状況が落ち着いたら見学に行きたいです。

 

窯焚きの配信は「出西くらしのvillage」のアカウントにアーカイブされているので、見逃した窯焚きの様子も見ることができるので、気になった方は是非見てみてください。

https://www.instagram.com/tv/CLMkndHB3dD/?igshid=199no9hlx5ee8

 

窯出しは水曜日の予定で、その様子も配信するかもということでした。楽しみです。

 

インターネットのプランを変更したら...(その2)

f:id:i_knit_you_purl:20210125001236j:image

インターネットのプランを変更して、早速IPv6対応のルーターが届きました(プラン変更時に無料でレンタルできました)。

今家で使っているルーターIPv6対応のルーターではないのでそれを取り外して、新しいルーターに付け替えてインターネットも無事つながりました。

 

あれから電話が繋がらないんだけど...

これで一件落着と安心していたら、しばらくして母から「電話が繋がらなくなってしまったんだけど...」と言われました。

ちょうどルーターを交換したあたりから繋がらなくなったそう。受話器をあげると確かにツーツー音が聞こえない...

 

ひかり電話対応のルーターではなかった

よく考えてみるとルーターを交換した時に電話線を外してルーターに接続し忘れてしまっていました。うっかりしていたと思い、新しいルーターに電話線を接続してみたところ、受話器のツーツー音が聞こえない...

調べてみたところ新しいルーターにはひかり電話機能がないので、新しいルーターに電話線を指しても電話が繋がらないのは当たり前のことでした_| ̄|○

 

ひかり電話を使うには

ひかり電話の契約は継続していたので、IPv6対応かつひかり電話対応のルーターを買わなくてはいけないのかと思い、検索してみるとNTTでレンタルする必要がありそう。

NTTに相談の電話をかけてみますが、NTTでは契約の詳細が分からないのでプロバイダーに問い合わせてくださいとのこと...

プロバイダーとか回線業者とか色々あってどこに問い合わせたらいいのか迷いながら最終的にプロバイダーに問い合わせてみました。

経緯を担当の方にお伝えすると、ひかり電話が使えなくなったのは以前使っていたルーターを外してしまったことが原因と分かりました。

今まで使っていたひかり電話対応ルーターに新しいIPv6対応ルーターを繋ぐのが正しいそうです。

ひかり電話対応ルーターに電話線を繋ぐと、電話は使えるようになりました。

 

IPv4通信になってしまう

次に以前使っていたひかり電話対応ルーターにIPv5対応ルーターを繋げてインターネットの接続を確認しました。

すると、ひかり電話対応ルーターのPPPランプが点灯していて、どうやらIPv4通信をしているよう。一難去ってまた一難...

1人でやっていたらもう投げ出していたと思いますが、ルーターの設定変更でIPv4を使わないように、設定の仕方を電話でアドバイスしていただき、やっと設定が完了しました。

丁寧にわかりやすく説明してくださった担当の方には本当に感謝です...(接続の待ち時間に色々豆知識も教えていただきいろいろ勉強になりました)。

 

再び始まったリモートワークでは今の所快適に仕事ができていて、プラン変更の効果はあってよかったです。

インターネットのプラン変更は素人には難しいことばかりでやっぱりもうやりたくないなぁ...と思ったのでした。

インターネットのプランを変更したら...(その1)

f:id:i_knit_you_purl:20210125001312j:image


去年リモートワークになって、インターネットの通信速度が遅いのが気になり始めました。

特に午後になるとそれがひどく、リモートデスクトップやミーティングの画面の切り替わりが非常に遅くなります。リモートデスクトップを使う作業はできるだけ午前中にやるなど工夫をしましたが、限界を感じはじめました。

最初はリモートデスクトップやミーティングのシステムに問題があるのかなと考えていたのですが、同僚に聞いてみると遅いという人とそうでもないという人それぞれ...リモートワークの問題の記事を色々調べたりしたところ、家のインターネットの環境の問題なのかもと思いました。

 

使っているプランが時代遅れだったのかも

今まで契約していたプランは大学入学時に契約した10年以上前のプランです。当時はインターネットに繋ぐのが初めてで何がいいのかよくわからず、詳しい先輩に教えていただきなんとか設定することができました。それから10年以上が経ち、画質が良くなったり動画を見る機会が多くなって通信するデータ量も増え、状況に合ったプランに見直すべきだったのですが、苦手意識があって、一度契約してからは新しい通信方式のお知らせが来ても、問題なく使えていならいいやと思い、同じプランをずっと使い続けていたのでした。

ところが去年のリモワークで支障が出て、そうも言っていられなくなったので、再びなるかもしれないリモートワーク前※にプランを見直すことにしました。

※プランを見直していたのは去年の年末ごろです

 

通信速度を上げる方法を探す

通信速度を向上させる方式で最初に試してみようと思ったのはNURO光に切り替えること。

G-PONという伝送技術を使用していて従来の2倍通信速度が速くなるそうですが、工事の方に見ていただいたところ設置可能な条件ではなかったそうで断念...

次に考えたのはIPv6という通信方式を使うこと。インターネットの通信の流れを高速道路に例えると従来の方式は料金所のような混雑を発生させるポイントがあるのに対して、IPv6は混雑ポイントが排除されるので混雑が発生ににくいそうです。数年前から聞いてはいたのですが、この方式に対応した機器が必要ということと、契約の変更がめんどくさそうと思い導入はしていませんでしたが、仕事をスムーズに進められるならと思いこの方式への切り替えることにしました。

 

プラン変更の手続き

IPv6対応のプロバイダーはいろいろあるのですが、コロナ禍なのでできるだけ工事せずに変更を済ませたい。という気持ちがあり、転用を利用してプランの変更をしました。

転用もプラン変更も全てインターネットで手続きできました。

 

プランの変更までは時間はかかりながらも比較的スムーズにできたのですが、その後ちょっとしたトラブルが起きました。

長くなったので次回に続きます。

金継ぎをしてみました(ちょっと欠けたとき) その2

欠けたコーヒーカップを金継ぎで修理しています。

金継ぎに興味のある方が多かったのかたくさんの方に記事を見ていただいたり、コメントいただきました。ありがとうございました。

今回は塗りから仕上げまでの作業です。

 

第7工程:塗り

弁柄漆を薄く塗り乾燥させます。

f:id:i_knit_you_purl:20201128212437j:image

筆にたっぷり漆がついていて、結構落としたつもりだったけど塗り過ぎてしまったかも。

後の工程で研ぐから大丈夫かな?

 

第8工程:塗りの研ぎ

砥石で弁柄漆を研ぎ、よく洗って乾燥させます。

f:id:i_knit_you_purl:20201128212502j:image

塗りすぎたところを結構削りました。

 

第9・10工程:金粉蒔き、金粉固め

ここで金継ぎらしい工程に入ります。

弁柄漆を薄く塗り、その上に金粉を被せて、乾燥させ、その後余分な金粉を取り除きます。

透き漆を金粉の上に塗り、乾燥させます。

f:id:i_knit_you_purl:20201201080622j:image

写真だと分かりにくいかもしれませんが、欠けた部分が金色になりました。

 

第11工程:磨き

最後はメノウで金の部分を磨けば完成です。磨くと金の輝きが増すそう。

f:id:i_knit_you_purl:20201204074255j:image

見た目わからないけれど...

 

f:id:i_knit_you_purl:20201104160055j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20201204074255j:plain
左:修復前 右:修復後

塗りから仕上げまで二週間かけて作業しました。

ほんの小さな欠けを直すのに全部で三週間ほど、時間はかかりましたがじっくり直したので、コーヒーカップにより愛着が湧きました。それと、もっと大切に扱おう。

 

次は割れたお皿にチャレンジしてみたいです。

実家に結構派手に割れた小皿があったので、次はそれを修理してみようかなと思っています。