思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

感想:SUITS(日本版)

f:id:i_knit_you_purl:20181126210010p:plain

 

去年放送されたSUITSの日本版リメイクの感想です。

 

あらすじ

あらすじを前回の記事に書いているので、どんなドラマなのか気になる方はチェックしてみてください。

i-knit-you-purl.hatenablog.com

 

原作に忠実

内容や雰囲気は比較的原作に忠実に再現していたと思います。

原作に忠実だったので、このエピソードはあの話か!とすぐにわかりました。

それに話の内容が原作よりもわかりやすかったです(原作はテンポがかなり早くて難しい言葉も多く時々わかりにくい場面があった)。

 

リメイクの個性がなかったかも

忠実に再現しようとしたためか、日本版ならではの個性がなくてちょっと物足りなく思いました。

コールドケースは日本ならではの話にうまくアレンジしていたので、毎回どんなアレンジがされるのか楽しみでした。

原作がとてもかっこいいので、その世界観を壊さないようにというプレッシャーがあったのかもしれないのですが、完璧に再現するのは難しいし、完璧に再現するだけならリメイクの意味が失われてしまうので、日本ならではのアレンジが少しあってもいいのかなと思いました。

 

自信を表現する難しさ

スーツの原作の登場人物はどの人もとても個性的なので、どうしても原作と比べてしまいがちでした。

特にハービーやルイスのような雰囲気の俳優さんは日本だとあまりいないかもと思いました。

二人に共通しているのは、自分に絶大な自信を持っていて、それが自然と外見に現れていること。

リメイクでもできるだけそういう雰囲気を出そうとして、ちょっと頑張りすぎている感じもしました。

日本は控えめな人が多い(私の周りだけ?)ので、リメイクが難しいドラマだったのかもと思ってしまいました。

原作を知らなければ、単純に楽しめたのかもしれません。

 

ドラマの内容の感想からちょっと外れてしまいますが、スーツに出ていた俳優さんは織田裕二さん以外知っている人がおらず、ちょっとショックでした(家にテレビがないので流行がわからない)。

 

今回はちょっと辛口?な感想でした。

編み物:編み方まとめ(その1)

f:id:i_knit_you_purl:20181123183728p:plain
 

去年は表編みで編むことが多く、模様編みから遠のいていたので編み方を忘れていました...

わからない編み方が出てくるたびに検索するのですが、知りたい編み方が1つにまとまっているサイトがなかなかなく、いくつかブックマークしながら編んでいました。

 

編み方が1つにまとまっていると便利かなと思い、復習も兼ねて模様編みのカーディガンで出てきた編み方を動画に撮ってまとめてみました。

意外と色々な編み方があったので4つに分けて記事を書きます。

 

今日は針の持ち方と、編み物でよく出てくる編み方の表目とねじり目についてです。

 

針の持ち方

針の持ち方はフランス式とアメリカ式があります。

フランス式は左の人差し指に糸をかけ、アメリカ式は右の人差し指に糸をかけて編みます。

編むスピードは手の動作の少ないフランス式の方が早く編めるそうです。

初心者に向いているのはアメリカ式と言われています。

私は三國万里子さんの本の影響でアメリカ式の編み方です。

 

作り目

vimeo.com

 

表編み

表編みは編み物で最もよく使われる編み方です。

セーターやカーディガンの目をよく見てみると麦の実のような並びになっていたら表編みです。

vimeo.com

裏編み

裏編みは表を編むときや、セーターなどの袖まわりや首まわりなどで出てきます。

vimeo.com

 ねじり編み

ねじり編みは模様を編むときや、袖周り首まわりなどを締めるときに、表編みと組み合わせて使われます。

vimeo.com

ねじり編み(裏)

vimeo.com

 

次は2目一度についてまとめます。

久しぶりの棒針

冬休み中模様編みのカーディガンを編みました。

去年はほとんど輪針だったので、久しぶりの棒針です。

 

棒針の場合は、表面と裏面を交互に編んでいきますが、編み図は表から見た記号なので、裏を編む時は裏から見た記号を考えて編む必要があります。

以下はよく編み物で出てくる記号の表と裏の対応をまとめてみたものです。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140143j:plain

よく出てくる編み目記号の表と裏の対応表

裏の編み方の場合は、表の記号の下にアンダーバーが引かれます。

 

表から見て「表目、表目、裏目裏目」となっている時、裏から見るとどうなっているのかを書いてみました。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140135j:plain

 

表から見て「裏目、ねじり目、裏目」となっている時の裏から見た時の記号は以下のような記号になります。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140128j:plain

 

慣れるまでは頭がこんがらがるかもしれません。

裏側を編む場合、下の段と同じように編むことが多いので下の段に注目して編むと、編みやすいかもしれません。

 

久しぶりの棒針なので、すごく頭の体操になりました。

5年日記、はじめました

お正月の初売りで5年日記を買いました。

20%引きだったので買ってしまった「ほぼ日5年手帳」。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140354j:plain

ほぼ日5年手帳

去年おじさんの5年日記を探していた時に、私だったらこれを使いたいなと思った日記帳です。

スマホよりも少し大きいくらいのサイズで、ソフトカバーというのが使いやすそうと思ったのでした。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140255j:plain

ソフトカバーです

5年手帳は黄色いしっかりした箱に入っています。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140324j:plain

黄色い箱に入っています

使い終わったらこの箱に入れて保管できそうです。

5年分でこの1冊なのでスペースもあまり取られなくて良さそう。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140306j:plain

5年手帳、使い方ガイド、試し書きの紙が入っています

f:id:i_knit_you_purl:20190106140314j:plain

箱の底に言葉が。

箱の底にはセフティ・マッチ氏(糸井重里さんの別名という噂)の言葉

あたりを見渡して、だれもいないと思っても、

じぶんだけはいてくれるものだ。

たったひとりのじぶんに、なにを聴いてもらおうか。

と書いてありました。

5年日記に興味が湧いたのは、過去の自分を見ることができるというところでした。

年を重ねながら、過去の自分がなにをしていたのか、なにを思っていたのかを毎日振り返れるのは、ちょっとしたタイムトラベルみたいで面白そうです。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140244j:plain

5年手帳は1日2ページ

左の欄には、天気、今日の出来事を箇条書きで書いています(おじさんの日記の書き方を真似て)。

去年までは1日1ページだったので、「毎日そんなに書くことがない」と思っていたけれど、1ページの1/5程度ならなんとか書けそう(時々足りないかもと思う時もあるくらい)。

右のページの使い方は特に決めていないですが、左のページに書ききれなかったことを書いたりしています。

f:id:i_knit_you_purl:20190108075906j:plain

ちょっと大きめの文字で書くと1日3〜4行くらいのスペースです

 

お得だったというだけで買った5年日記。いつまで飽きずに続けられるのか...

来年の私が楽しめるように、まずは今年できるだけ日記を書けたら良いなと思います。

冬休みにやったこと

長かったお休みも今日でおしまいです。

お正月は楽しく過ごせたでしょうか。

 

年末に考えた冬休みにやりたいことリストがどのくらいできたのか振り返ってみました。

i-knit-you-purl.hatenablog.com

 

 冬休みにやりたいことリスト

 

寒中見舞を書く→○

年賀状の代わりに一年のできごとを新聞形式にまとめて、仲の良い友達に送ることにしました。

Pageというアプリで作りました。

テンプレートも充実していてあっという間に作れました。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140645j:plain

iPadでここまで作れればパソコンはもういらないかも...

友達にも喜んでもらえたので、これから毎年作れたら良いなと思います。

 

ジャケットを仕上げる→○

通信講座の課題のジャケットを仕上げました。

i-knit-you-purl.hatenablog.com

おやすみのおかげでちょうどまとまって作業できる時間ができたので、年内に仕上げることができました。

 

カーディガンを編む→○

模様編みのカーディガンを夢中になって編んだので、お正月中に完成してしまいました。

f:id:i_knit_you_purl:20190106140545j:plain

思っていたより早く完成しました。

カーディガンの記事はまた後で書こうと思います。

母にプレゼントしようと思ったのですが、試着してもらったら腕回りがちょっときつかったので私のものに...(笑

柔らかくてとても着心地がいいです。会社にさっそく着て行こうかなと思います。

 

大掃除→△

徹底的な掃除はできなかったものの、気持ちよく年を越せるくらいの掃除はできました。

完璧にやろうとすると大変なので、細かい部分はちょっとづつやっていきたいと思います。

 

Art And Scienceに行く→✖︎

義母と娘のブルースの一挙放送を見てしまい、行けませんでした。

i-knit-you-purl.hatenablog.com

急ぎではないので、そのうちに行こうかなと思います。

休み中は最寄り駅までお買い物に行きました。

福袋は買わなかったけれど、Loftで今年の5年日記が20%引きで売っていたので、買ってしまいました(おじさんに5年日記をプレゼントしてから実はずっと気になっていた)。

f:id:i_knit_you_purl:20190104190704j:plain

休憩で寄った猿カフェのプレートがお正月らしくて可愛かった

 

規則正しい生活→△

いつもの6時起床は難しかったですが、規則正しい生活はそこそこできたかなと思います。

 

明日は仕事はじめ。気持ちを新たに今年も頑張ります=3

感想:義母と娘のブルース

f:id:i_knit_you_purl:20190104012357p:image

義母と娘のブルースの感想です。

綾瀬はるかさんが好きなので、彼女の出るドラマは必ず見ているのですが、去年の放送では数話を見ても物語に馴染めず、途中で見るのをやめてしまいました。

冬休み中に一挙放送を改めて見てみました。

 

あらすじ

ちょっと珍しい二部構成のドラマです。

第1部

30代独身のキャリアウーマンの亜希子は、宮川良一からプロポーズされます。

実は良一は数年前に妻を病気で亡くしていて、8歳の娘(みゆき)のいるシングルファザー。彼もまた重い病を患っており、娘を託すために亜希子にプロポーズしたのでした。

亡くなった母親のことを想い、良一の状況を知らされていないみゆきは、再婚する必要はないと反対します。

前半は今まで仕事中心だった亜希子が、戸惑いながらみゆきの良い母親になれるように奮闘する様子が描かれます。

第2部

再婚して1年後に良一は亡くなり、亜希子とみゆきの2人の暮らしが始まります。

それから10年が経過し、みゆきは高校生になりました。

亜希子は独身時代の貯金とデイトレードで得たお金をやりくりして、専業主婦をしながらみゆきの成長を見守っていました。

ある日、亜希子はみゆきと進路の話をしていた時に、みゆきに目標がなく、楽して生活したいと思っていることに気づきます。

みゆきに働く大切さを教えるために、亜希子は再び働き始めます。

 

感想

背景をもう早く詳しく知りたかった

亜希子と良一がどうして結婚することになったのかが明らかになるのが、ドラマのちょうど中間あたり。

それまでは、「どうして結婚したんだろう、亜希子さんはどうしてこんなに一生懸命になれるんだろう」と疑問を感じながら見ていました。背景が分かりずらかったので、ドラマを途中で見なくなってしまったのかもしれません。

少し分からないところがあったほうが面白いのかもしれませんが、結婚することになったきっかけがもう少し早く描かれていたら、もっと話に引き込まれやすかったかなと思いました。

主題歌が良い

MISIAのアイノカタチは大切な人への思いが描かれた曲でドラマととても合っていて良かったです。

解釈は色々ありそうですが、ドラマを見た影響か、大切な人をなくした時に感じた思いが描かれているのかなと思いました。

久しぶりに感情移入できたドラマだった

良一は娘を託すために、亜希子は人恋しかったために再婚しましたが、3人で暮らすうちにお互いがかけがえのない存在になっていく過程を見ていると、この幸せが長く続いてくれたら良いのにと願ってしまいました。良一さんが亡くなった時に、上司の笠原部長が「仕事に行くぞ」と話しかけるシーンは思わず泣いてしまいました...

また最終話で亜希子とみゆきが本当の親子のような関係になっていることにお互い気づいた瞬間も心にジーンとくるものがありました。

家族について考えさせられる、見てよかったなと思えるドラマでした。

続きがありそう?

最終話は続きがあるかも?と思うような終わり方でした。

原作は読んだことがないので続きがあるのか分からないですが、続きがあったら見たいなと思います。

今年の抱負 2019

今週のお題「2019年の抱負」

 

お正月楽しまれているでしょうか。

2019年最初の記事は今年の抱負です。

 

いつもごきげんでいる

いつも機嫌が良い、またはいつでも普通に接してくれる人と一緒にいると楽しかったり一緒に仕事もしやすかったりします。いつも愚痴を言っている人や不機嫌な人には、近づきづらいなと思ってしまいます。

もし私が不機嫌なために仕事を頼みづらい、または仕事でなくても何か話したかったけど話しづらいと思わせてしまっていたら、それはとてももったいないので、今年は仕事でも家でもできるだけごきげんで、ごきげんは難しい時は普通でいることを心掛けたいなと思います。

 

よく考えること

感情的になったとき、何かを買うとき、わからない時など、よく調べたり、考えて行動や決定をしたいと思います。今年も継続して続けていきたいと思います。

 

服装コースを修了すること

趣味で勉強している文化服装学院の服装コースを今年こそは卒業したいです。

去年ちょっと頑張ったので、修了課題が残っています。

今年の前半には終了課題を終わらせられるように頑張りたいです。

 

数学の勉強

大学で勉強したことなんて仕事で役立たないと思っていたけれど、最近、やっぱり必要だった(もっと数学やプログラミングを勉強しておけばよかった)と思うことがありました。

今までできたツールを使った仕事が多かったのが、自分でツールを作る仕事が増えてきて、数学の知識がもっとあったら...と思うことがよくあります。

何かを始めるのに遅いことはないという言葉を信じて、服装コースの勉強が終わったら、数学の勉強しようと思っています。私は目標があると頑張れるので、数検や応用情報処理などの目標を立てて勉強するのが良いのかなと考えています。

 

旅行に行く

マスキングテープの工場見学、鳥取旅行は今年も行きたいなと思っています。

去年、台風で行けなかったしまなみ海道も今年こそは挑戦したいです。

 

すごく大雑把ですが、私の今年の抱負でした。

今年もよろしくお願いします。