思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

円周率=4が正しくないことについて考える

shelfallさんという方の円周率が4であることを証明する動画が人気という記事を読みました。

originalnews.nico

 

円周率=4になることの証明

この動画での証明は、半径2で直角の扇型の円周から証明しています。

最初に公式から円周を求めます。

円周は直径掛けるπ(3.14)なので、その1/4になる半径2の扇形の円周は4*π*1/4でπになります。

もう一つ別の方法で扇型の円周を求めます。

円周状のある点から、外接する正方形にそれぞれ垂線を下ろし、階段状になった部分の長さの総和を求めると4になります。

この階段を細かくしていくと、ほぼ円に近い形になります。階段をいくら細かくしても階段の長さの総和は常に4なので、階段を細かくして求めた円周の長さは4。

つまり円周率πは4と言えるという証明です。

 

円周率=4にならないことの証明

何かがおかしいと思うけれど、ここが違うと簡単に説明ができない...。気になって眠れなくなってしまったので、私なりに考えてみました。

階段を細かくすると円に近くなるという部分を、数式に置き換えて考えてみます。

階段を細かくするというのは、扇型を等間隔にn等分した状態と考えていいのかなと思います。

n等分された1つの扇型に着目すると、その扇型の角度はπ/2nです。

扇型1つ分の階段の長さは2sin(π/2n)+2-cos(π/2n)になります。

扇型はn個に等間隔に分割しているので、階段の長さの合計はn*(2sin(π/2n)+2-cos(π/2n))になります。

階段を限りなく円に近づけるためにはnが十分大きな数(無限)になる必要があるので、n*(2sin(π/2n)+2-cos(π/2n))のnを無限にした時の値を求めることになります(極限の計算をする)。

これを求めると結果はπとなり、円周率は4にはならないと言えるのではと考えました。

f:id:i_knit_you_purl:20181114071244j:image

これで証明になっているのかな...高校数学の問題かなと思うけれど、久しぶりに思い出したので、自信がない...(結構忘れてしまうものだなと思う)

 

具体的に式を立てて求めてみると4にはならないと言えそうな気はしますが、あの証明のどこが問題なのか納得のできる説明までできていないところにモヤモヤが残ります。

 

この証明は間違っているとか、もっと良い証明をご存知でしたら教えていただけると参考になります(私の中のモヤモヤがスッキリします)。

 

読書感想 #2 : 鳥取が好きだ。水丸の鳥取民芸案内

f:id:i_knit_you_purl:20181013223649p:image

 

安西水丸さんのエッセイ、「鳥取が好きだ。水丸の鳥取民芸案内」を読んだ感想です。

 

作者について

作者の安西水丸さんは東京都で生まれ、日本大学芸術学部を卒業後に、電通、平凡社でアートディレクターとして働き、イラストレーターとしても活躍されていた方です。

この本は水丸さんが生前によく訪れていた鳥取と民芸品についてのエッセイです。

 

民芸品とは

民芸品は無名の職人の手から生まれた一般の人々が日常的に使っている生活道具のこと。

実用的な美しさや、土地の風土の影響を受け、形も色も作られる地域によって様々という特徴があります。

大量生産で手作りの民芸品が失われることを案じた人々によって、民芸品を守る運動が行われてきました。

鳥取の民芸品については、鳥取出身の吉田璋也によって守られてきたそうです。

吉田璋也は地元で耳鼻科を開業していましたが、ある工房で作られていた茶碗に魅せられたことをきっかけに、鳥取のさまざまな工房を訪ね、新作を作るように指導し民芸品を発展させてきました。

地元で民芸品を取り扱うお店「たくみ工藝店」を成功させた後、東京の銀座にもお店を展開します。

 

水丸さんと鳥取の民芸品

水丸さんが電通で働いていた時に、吉田璋也の民芸品のお店「銀座たくみ」がきっかけで鳥取の民芸品と出会います。

実用的で素朴な器や木工品に惹かれ、工房を訪ねて鳥取を何度も訪れます。

この本では水丸さんが長年集めてきたお気に入りの民芸品と工房のことが綴られています。

 

実用的で自然な美しさ

水丸さんが惹かれるものには二つの要素がありました。

  • 実用的なこと

飾るのではなく、それを使う光景が想像できるもの。

  • 自然な美しさ

技術を駆使したり奇をてらうものではなく、作り手の思いが滲み出るもの。

 

ユニークで変わったものは目を惹きますが、だんだん時代遅れに感じたり飽きてしまったりします。一方素朴で使いやすいものは、時が立つほど愛着が湧いてくるので、そういうものに惹かれる気持ちはわかるかもしれないと思いました。

 

手作りが好きな人に

私も手作りすることが好きですが、手作りしたものを見るのも好きです。

民芸品を守る運動のおかげで今でも手に取ることができることを嬉しいと思う一方で、廃業してしまったものもあることを知り、寂しさも感じました。

また、今でも手作りの良さに共感して手作りすることを趣味としている人が多いのは、民芸品が大切にされてきたことも関係しているのかもしれないと思いました。

旅行が好きな方はもちろん、手作りが好きな方にもおすすめの一冊です。

緑と道の美術展 in 黒川に行ってきました

今週のお題「紅葉」

 

Instagramでフォローしている方が、「緑と道の美術展」というイベントに行かれていて、とても楽しそうだったので私も行ってみました。

 

緑と道の美術展とは

黒川街道の緑地の保全を行なっている緑地保全団体「黒川緑地管理協議会」と町田市小野路を拠点に活動している「アトリエIZUMI」が連携して行なう野外アートと里山散策が楽しめるイベントです。

 

散策ルート

この美術展の散策ルートは、小田急多摩線のはるひ野駅から黒川駅まで、黒川よこみね特別緑地保全地区を巡る約3.5kmほどのコースです。

はるひ野駅と黒川駅、スタートはどちらでも大丈夫です。 

f:id:i_knit_you_purl:20181111134838j:plain

駅前に緑と道の美術展のパンフレットが設置されています

 

はるひ野駅

日が暮れるのが早くなってきたので早めに出発しました。

f:id:i_knit_you_purl:20181111134523j:plain

10:30にはるひ野駅を出発

はるひ野駅を出ると目を引くのは前田忠一さんの作品、KASHIRA。

f:id:i_knit_you_purl:20181111134515j:plain

ハナという名前らしいです

この展示の隣にある「蝉」も見逃さずに。目を凝らすとセミの抜け殻が木に止まっているのが見えます。

f:id:i_knit_you_purl:20181111135604j:plain

銀色のセミの抜け殻が木に止まっています。

作者の酒井信次さんが里山散策中に見つけた抜け殻から作成したそう。

 

住宅地を抜けてよこやまの道に向かいます。

f:id:i_knit_you_purl:20181111134502j:plain

はるひ野小中学校と住宅地の間を抜けていきます

よこやまの道

よこやまの道に入ると一気に雰囲気が変わります。

f:id:i_knit_you_purl:20181111134831j:plain

f:id:i_knit_you_purl:20181111134824j:plain

ふかふかの落ち葉が広がる里山に入ります。

よこやまの道の展示たち。

f:id:i_knit_you_purl:20181111135549j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111135542j:plain
(左)ましまし (右)おかえり
f:id:i_knit_you_purl:20181111135556j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111135536j:plain
(左)「9」について? (右)壁
f:id:i_knit_you_purl:20181111140451j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111140445j:plain
(左)花冠 (右)道端のアイコン

花冠は陶器でできたバラのようなオブジェです。野外展示なので、落ち葉ともコラボレーションして素敵でした。

 

黒川よこみね特別緑地保全地区

よこやまの道から離れて、黒川よこみね特別緑地保全地区に向かいます。

f:id:i_knit_you_purl:20181111141957j:plain

よこやまの道を外れて住宅地を通ります

黒川よこみね特別緑地保全地区はフェンスで囲まれていて、入口があります。

f:id:i_knit_you_purl:20181111141951j:plain

入り口があります

f:id:i_knit_you_purl:20181111142155j:plain

湿地が広がっています。赤とんぼも飛んできました。

黒川よこみね特別緑地保全地域の展示たち

湿地の風景を活かした展示が多いです。

f:id:i_knit_you_purl:20181111141944j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111141938j:plain
(左)ひとの心のあるところ (右)ただそこにいるだけ
f:id:i_knit_you_purl:20181111141931j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111142201j:plain
(左)active memory (右)ため息
f:id:i_knit_you_purl:20181111142215j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111142207j:plain
(左)歩く エンドレス ウロボス (右)Covo

active memoryは家族写真なのかな。想像が膨らむ作品です。

歩く エンドレス ウロボスは赤い小道を実際に歩くことができます。小道をよく見ると目が描かれていました。

 

よこみね緑地

よこみね緑地に向かう途中に並走するように「歩く」という作品があります。

f:id:i_knit_you_purl:20181111143450j:plain

歩く

f:id:i_knit_you_purl:20181111143443j:plain

よこみね緑地の入り口

f:id:i_knit_you_purl:20181111143436j:plain

また森林に入ります

f:id:i_knit_you_purl:20181111143429j:plain

マムシに注意の看板。こんな場所にもいるんですね。

写真は結構な大蛇でちょっと怖くなりました(マムシは他の蛇より短いと思っていた)。茂みには絶対に入らないようにしようと思いました。

よこみね緑地は田舎に帰ったような感じのする森で、なんだかホッとします。

ここは私が好きだなと思った景色です。

奥多摩や箱根の方まで行かなくても、近くに自然を感じられる場所があったとは...

f:id:i_knit_you_purl:20181111143908j:plain

こんな場所がこんなに近くにあるんだと再発見しました

f:id:i_knit_you_purl:20181111143916j:plain

柿がたくさんなっていて秋らしい風景


よこみね緑地の展示たち

f:id:i_knit_you_purl:20181111143646j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111143638j:plain
(左)今、うまれる (右)サイクリング
f:id:i_knit_you_purl:20181111143631j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111143625j:plain
(左)コネクト (右)おかえり

「おかえり」はよこやまの道の展示の続きみたいです。遠くに見える白い石がきっと作品だと思う。

 

黒川駅に戻る途中

畑を抜けながら黒川駅に戻ります。里芋の葉っぱが生き物みたいに見えました。

自然がアート。

f:id:i_knit_you_purl:20181111143902j:plain

里芋の畑

f:id:i_knit_you_purl:20181111145325j:plain

紅葉も綺麗でした

ただの散歩道の紅葉も綺麗です。

黒川駅に戻る途中にも作品がありました。

f:id:i_knit_you_purl:20181111143854j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20181111143846j:plain
(左)青空 (右)連鎖

のどかな畑と作品が非日常的な感じです。

 

ON THE HILL COFFEE

汁守神社裏のカフェで休憩をしました。小高い場所にある眺めのいいカフェです。

f:id:i_knit_you_purl:20181111144042j:plain

黒川ブレンドとシフォンケーキでちょっと休憩

f:id:i_knit_you_purl:20181111144036j:plain

小鳥が遊びに来る庭を眺められます

大きな窓の外には庭があり、小鳥が水浴びしたり餌を食べる姿を見ることができました。ずっと眺めていたい風景です。

パンフレットを持っていたので、「美術展を見てきたの?」とお店の奥さんやお客さんが声をかけてくれたり、親しみやすい静かでゆったりしたカフェでした。

黒川は何もないところとずっと思っていたけれど、良いところ、ありました。

小鳥を眺めにまた行きたいです。

黒川駅

2時間ほどで黒川駅に到着しました。

最近駅の裏側にオーケストラの練習場ができたためか、電車が来るたびにオーケストラの音楽がかかります。芸術の秋らしい感じです。

f:id:i_knit_you_purl:20181111144020j:plain

12時半ごろ黒川駅に到着

 

緑地も住宅地も綺麗に手入れがされていて気持ち良く散歩できました。

良い散歩道は周辺の住民の方の努力によるものなんだなと感じます。

心のこもった小さな芸術祭もいいなと思った1日でした。

アートやお散歩が好きな方はおすすめのイベントです。

 

今日行ったところ

緑と道の美術展 in 黒川 2018|しんゆり・芸術のまち
 

渡り糸について

f:id:i_knit_you_purl:20180907002614p:plain

 

Miknitsのniigataを編んでいる時に勉強したポイントを忘備録でまとめています。

 

今日は渡り糸についてです。

渡り糸は模様編みなどの2色以上の糸を使って編む時に、休んでいる糸のことです。

 

渡り糸のポイントは2つあります。

 

糸の構え方

同じ手で糸を持つ

同じ手で糸を持った方が渡り糸の張りが一定になるそうです。

地糸を上側に、配色糸を下側に構える

下側に構えた糸が強調されて浮き出てくるようです。

niigataは白い糸が模様になるので白い糸が下側になるようにして編むようにします。

 

渡り糸を絡ませる

6目以上の休む目が長い時に、渡り糸がたるみやすくなります。

 糸のたるみについては、去年K2を編んだ時にちょっと気になっていました。

f:id:i_knit_you_purl:20181014112319j:plain

K2の裏側

休ませる目が長い時は、休ませる目の中間の目を編む時に渡り糸を絡ませて編むとたるみにくくなります。

 

この2つのポイントに気をつけながら裏も綺麗に編むことを心がけます。

 

今日のniigataです。

2色以上の色を使うとどうしても一定の力加減で編むのが難しく、ずんぐりむっくりですが模様が見えてきました。

f:id:i_knit_you_purl:20181014112316j:plain

今回のキットは指定のゲージで編むのが難しいです(きつめに編んでしまう癖がついているからかも...)。

ゆるゆるの手加減でゆっくり編んでいます。

文化服装学院の文化祭に行ってきました

11/2-4に開催された文化服装学院の文化祭に行ってきました。

文化服装学院は新宿駅南口を出て西新宿方面へまっすぐ歩いて10分ほどの場所にあります。 

文化祭に行くのは大学以来です。

入り口には、屋台が並んでいて文化祭に来たなという感じがしました。

 

I部ファッションショー

ちょうどI部のファッションショーが始まるところだったので見てきました。

f:id:i_knit_you_purl:20181104220111j:plain

I部のファッションショーはチケットが必要です

受付で見たい時間のファッションショーのチケットを受け取ります。

会場は満席で立ち見も出るほどでした。

 

ファッションショーでは生地を提供してくれるメーカーにあったテーマを学生が考え、毎年決めているそう。

今年のテーマは「@?」で8つのシーンから構成されています。

 

えん 縁に結ばれた神々の宴

神秘的な美しさに惹きこまれました。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180131j:plain

#GEEK -マニアたちの追求-

現代的で知的な印象の衣装です。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180125j:plain 

HENGE 迷い込む 絡まり合う糸

私が素敵だなと思った衣装です。ニットでできているそう 。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180419j:plain

But(ad)Feminist 自らを守り戦い抜く女性たち

戦闘服をモチーフにしていますが、優しさも感じます。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180437j:plain

Botanical 日常に潜む植物の侵略

衣装に植物が巻き付き侵略を表現しています。渋谷で見かけそうなカワイイ衣装。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180116j:plain

いろあせて

蝶のような形や球体など洋服の形にとらわれないユニークな衣装でした。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180455j:plain

現(うつつ)

風船のようなふわっとしたスカートが印象的でした。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180431j:plain

Famiglia 格式と誇りを胸に

男性だけで構成されたグループ。照明もマッチしていて格好良かったです。

f:id:i_knit_you_purl:20181105180444j:plain

ファッションショーはフラッシュを焚かなければ、写真・動画撮影が可能です。

 

洋服を作る技術だけではなく、芸術やメッセージ性を感じるショーでした。

このショーにために全コースの生徒さんがデザイン画を描き、その中から衣装を決め、モデルを選び、モデルさんの体型をもとに衣装を仕上げ、メイクや照明、映像まで作り上げています。

学んでいるコースの枠を超えて一つのイベントを作り上げるのはすごいなと思いました。会社では部署の壁があったりするので、余計にすごいなと思ってしまった...

 

ファッションショーのチケットの受付をした時にいただいたパンフレットは、今回のショーの8つのテーマのデザイン画が描かれた来年のカレンダーになっています。

f:id:i_knit_you_purl:20181104220052j:plain

パンフレットの中は来年のカレンダー

 

通信教育コンクール

通信講座の展示も忘れずに見てきました!

各コースで紳士服、コスチュームなどいろいろ展示してありました。

バレエの衣装を作られていた方の作品が美しかった(写真を撮らせてもらえばよかった...)。

服装コースは修了課題の展示で、ジャケットとスカートのセットやコート(冬物から春秋用)など自由に作られていて、修了課題は何にしようか考えるのが楽しみになりました。

 

ブルックスブラザーズ展

ちょうどジャケットとコートを作っているので、博物館のブルックスブラザーズ展も見学してきました。受講証を提示すると無料で見ることができます。

ブルックスブラザーズはアメリカで最も歴史のあるブランドです。

リンカーンからトランプ大統領までアメリカのほとんどの大統領のスーツを作っていたり、最近ではサッカーチームのインテルや野球の侍ジャパンのスーツなども作製しています。

女性用のコートやジャケットなどもあり素敵だったので写真を撮らせてもらいました(ここもフラッシュを使わなければ写真撮影はOK)。

f:id:i_knit_you_purl:20181104220119j:plain

女性用のコートとジャケットが素敵だった

 

そのほかにも日頃の研究内容などの展示もたくさんあり、もっとじっくり見たかったですが人の多さと学校の広さに疲れてしまったので、ここまでで帰ることにしました。もう少し体力があったらな...

 

また機会があったら来年も行ってみたいです。

棒針の境目を編むとき

f:id:i_knit_you_purl:20180907002614p:plain

 

Miknitsのniigata(マフラー)を編んでいるところです。

 

このマフラーはレッグウォーマーのような筒状になっていて、

靴下やミトンを編むときに使う棒針を組み合わせて編んでいます。

 

綺麗に作るポイントをいくつか勉強したので、忘備録で書いておこうと思います。

 

一つ目は棒針の境目を綺麗に編む方法です。

 

棒針を組み合わせて編んでいると、いつも棒と棒の境目の編み加減が

緩くなったり、きつくなったりして境目の目が不ぞろいになってしまいます。

f:id:i_knit_you_purl:20181014112326j:plain

編み物を始めたばかりの時に編んだローズポールのミトン

意識して境目は編んでいるのですが、特に2色以上の糸を使うと目を揃えるのがさらに難しく、悩んでいました。

 

輪針なら継ぎ目が減るので、輪針を使う方法も考えてみましたが、ワイヤーの長さが合わず、今回は輪針は使えなさそう。

 

境目をきれいに編む方法はないのかなと検索していたらピンポイントの記事がありました。

ameblo.jp

 

境目を編んだ時に針を手前にくるくる回すと、境目の目がきれいに並ぶそう。

 

早速試してみたところ、ボコボコになりやすかった境目をフラットに編むことができました。

f:id:i_knit_you_purl:20181014112323j:plain

境目で編み針を数回くるくる回すと境目が分かりづらくなりました!

SASA021がはじまります

画家の笹尾光彦さんの個展が11月16日から渋谷のBunkamura Galleryではじまります。

 

今年もそろそろかなと思っていたら案内が届いていました。

f:id:i_knit_you_purl:20181101070217j:plain

笹尾光彦さんと笹尾つぐみさんの案内が届いていました

笹尾光彦さんは油絵の具の鮮やかな赤が印象に残る画家です。

笹尾さんがよく描かれているのは、大好きなマティスの絵を封じ込めたRadSofaシリーズや、パリのお花屋さんシリーズなど鮮やかで見ていて明るい気持ちになれる作品です。

私の家にも笹尾さんの小さな絵があります。部屋と玄関に飾っていて、ふと色鮮やかな絵を見ると元気をもらえるような気がします。

 

笹尾さんが画家になったきっかけがちょっと変わっていたのでご紹介します。

 

多摩美術大学を卒業後、笹尾さんはディレクターとして広告代理店に長年勤めていました。

40代の頃、奥様が古い額縁を拾ってきたことをきっかけに、20年ぶりに絵を描き始めます。

「どうしてさっさと仕事を辞めて、画家にならないのか」と奥様から言われていたそうです。

アーティストの奥様だから言えた言葉なのかなと思います。

56歳の時に画家として独立し、ちょうど去年、画家になって20周年を迎えました。

好きなことを始めるのに、遅いことなどないと教えてくれているような気がします。

 

今年は笹尾さんの展示の案内と一緒に、笹尾つぐみさんの案内も入っていました。

年末に奥様も展示を予定していると言われていたので、ご夫婦で展示されているのかな...

とても素敵です。

 

www.bunkamura.co.jp