思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

感想:SUITS Season6-7

f:id:i_knit_you_purl:20190630201430p:image

 

久しぶりの海外ドラマレビューです。

今回はSUITSシーズン6-7を見てどうしても納得いかないと、もやもやしてしまったので書こうと思いました。

 

Introduction

青年マイクは祖母の入院費を稼ぐために麻薬の運び屋をやっていました。

ある時警察に追われて逃げた場所は、弁護士事務所の面接会場でした。

マイクの抜群の記憶力の才能を評価した、弁護士ハービーは弁護士資格を持っていないマイクを採用します。

しかし、ハービーの務めている弁護士事務所のはハーバード大ロースクールを出ている人しか採用しない事務所でした。

ハービーはマイクの経歴を隠し、一緒に働き始めます...

 

シーズン6〜7のあらすじ

マイクが弁護士資格を持っていなかったことが公に知れ渡ってしまい、事務所の人たちを守るためにマイクは自首し(当たり前)、刑務所に収監されます。

シーズン6、7では刑務所に入ったマイクが出所し、なんとか刑務所から出られたマイクが、弁護士資格を得て、またハービーと働くまでが描かれます。マイクの経歴詐称の問題で、事務所の代表のジェシカはニューヨークでの弁護士資格を剥奪され事務所を去り、事務所のメンバーもほとんどやめていき、ハービー、ルイス、ドナ、マイク、レイチェルの5人で傾きかけた事務所を立て直すというストーリーです。

 

感想

みんなが団結する姿を見たかった

シーズン1でハービーとマイクの息の合ったコンビをずっと見ていたかったのに、シーズン2以降はライバルの足の引っ張り合いばかりが描かれ、徐々に面白く無くなっていく感じがしていました。

シーズン6以降はマイクが刑務所に入ったことをきっかけに事務所のメンバーが、団結し、それ以降も深い絆から一緒に仕事をしていく姿が描かれていて、私はこういうストーリーを見たかったんだと思いました。

ジェシカの結末は理不尽だと思う

マイクの出所や弁護士資格を取らせるために自分を犠牲にしたジェシカだけ、事務所を失い、弁護士資格を剥奪され、最後には市長(悪いことをしている人のよう)のクローザーになってしまう結末は、理不尽と思ってしまいました。

きっかけを作った張本人のマイクは、弁護士資格も取れて、好きな人と結婚し、シアトルで法律相談所を開き、事務所を去ってしまうし...ジェシカだけ報われないのは納得できない...

自分よりも部下を大切にするジェシカこそ、幸せになってほしいです(このドラマの中で一番共感できる登場人物だったのかもしれないと気づきました)。

 

最終話で、マイクとレイチェルはシアトルの法律相談所に行ってしまいます。

主人公の一人がいなくなってしまうなんてありなの⁉︎と驚きましたが、ハービーとマイクのコンビもこれで見納め。

シーズン8はどんな展開になるのでしょうか。