思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

樋口愉美子さんの新刊が届きました

夏の間は刺繍をよくしています。

樋口愉美子さんのデザインが好きでよく刺しています。

 

樋口さんの刺繍について

樋口さんのデザインの特徴は、シックでシンプルなデザインです。

主張しすぎないので、ハンカチや洋服、クッションのワンポイントによく刺しています。

刺繍というと、「様々な色の糸が必要では」と思うかもしれませんが、樋口さんのデザインは1〜2色でも素敵に仕上がるデザインになっていて、糸をたくさん持っていなくても素敵な刺繍ができ、「刺繍を始めてみたい」と思っている方も取り組みやすい図案が多いです。

 

そんな樋口さんの新刊「樋口愉美子の動物刺繍」が届いたのでちょっとご紹介します。

f:id:i_knit_you_purl:20190623121302j:plain

新刊と去年の図案集が届きました

 

樋口愉美子の動物刺繍

この本は犬や猫などの身近な動物から、森や草原に住む動物たちまで動物をテーマにした図案集です。

樋口さんの詩集が好きな方はもちろん、犬猫を飼っている方は似ている子を探してみたり、小さな子どと一緒に楽しめる本だと思いました。

私は動物は飼っていませんが、猫と羊の図案を刺してみたいなと思っています。

f:id:i_knit_you_purl:20190623121345j:plain

猫たちのキョトンとした表情がかわいい

樋口さんも猫を飼っていらっしゃる(Inatagramに時々出てくる)ので、表情を観察しながら作られたのかなと思いました。

ティーシャツやズボンのポケットから猫の顔をちょっと覗かせたらすごくかわいいだろうな。

羊といえば、雲のように黙々した毛になってしまいそうですが、樋口さんのデザインはそうはならない、どこか和を感じる独特な模様です。

f:id:i_knit_you_purl:20190623121530j:plain

羊の毛の模様が樋口さんらしいです

「是非雑貨に仕立てて欲しい」と樋口さんからのコメントもあったので、雑貨にしてみようと思っています。

 

樋口愉美子の刺繍時間

こちらは去年発売した糸をテーマにした図案集で、糸の太さ、素材の異なる糸ごとに、糸の特徴を活かした図案が集められています。

太めのウールのぽっこり感を楽しめる図案や、細めの糸を使った繊細な図案、ラメ糸の光沢を活かした図案など、眺めるだけでも楽しい本です。

ハードカバーなので、作品集のような図案集です。

私がまず作ってみたいのは「鳩の王様」という図案。

f:id:i_knit_you_purl:20190623121907j:plain

存在感があるけれど、主張しすぎない絶妙さが好きです

トートバッグなどの表面に刺繍してみたいです。

大きく一つだけでも存在感があるし、規則的に並べても素敵かも。

 

エンベロープオンラインショップで購入すると

エンベロープオンラインショップで購入すると、樋口さんの新刊で使われている布のリストをいただけました。

f:id:i_knit_you_purl:20190623122036j:plain

新刊で使われている布のリスト

新刊の展示会に行かないといただけないと思っていたので、思いがけないところで手に入り、良かったです。

アネモネのポストカードもいただきました。

f:id:i_knit_you_purl:20190623122118j:plain

ブルーのインクで描かれたアネモネのポストカード

細かい点描画になっています。

美しいポストカードは玄関に飾ろうと思っています。

色々素敵なおまけをいただけたおかいものでした。