思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

感想 : BROADCHURCH2

f:id:i_knit_you_purl:20181126210652p:plain

 

7月にBS twellVで放送されたブロードチャーチ2(全8話)の感想です(ネタバレがあります)。

シーズン1のもやもやがさらに増して感想がなかなか書けませんでした...

 

目次

 

 

前シーズンのあらすじ

イギリスの小さな町ブロードチャーチの海岸で少年ダニーが亡くなっているのが発見されます。

ブロードチャーチに赴任して来たばかりのハーディーと地元の捜査官エリーが捜査していくと、ダニーの父親、父親の同僚、新聞配達の雇い主、ダニーの同級生のトム(エリーの息子でもある)など事件に関わる人物が何人か浮上します。最終話で、突然エリーの夫ジョーが自分とダニーは秘密で度々会っていて、ある日ダニーからこういう関係はもうやめようと言われたことにカッとなり殺害したと告白し、物語の幕が閉じました。

全く疑われていなかったジョーが突然罪を告白したことや、そんなに気の短い人に見えなかったので、事件の詳細が次のシーズンで明らかになるのかなと思っていました。

 

シーズン2のあらすじ

シーズン2では2つの事件が同時進行で描かれます。

ダニーの事件

罪を認めたエリーの夫ジョーが無罪を主張し、被害者家族のラティマー家と争うことになります。

被害者側の弁護士はジョスリン、加害者側の弁護士はマギーが担当します。二人はかつて一緒に働いていてジョスリンがマギーの上司という関係だったようです。

サンドブルック事件

もう一つの事件はハーディーがブロードチャーチに赴任する前に担当していた事件です。

両親が友人の結婚式に出席するため家を空けていた間に、12歳の少女ピッパと子守のリサが行方不明になり、ピッパが遺体で発見され、子守のリサが未だに行方不明の事件です。

隣に住むリーが容疑者として浮上し、証拠品も見つかりましたが、この事件を捜査していた捜査官の一人だったハーディーの妻が他の人と浮気をしている最中に証拠を盗まれ紛失し未解決事件になっていました。犯人は捕まっていませんが、この事件の重要な証人であるリーの妻クレアをブロードチャーチで保護することになったのでハーディーもこの場所に赴任しました。ハーディーにはピッパと同い年の娘がおり、サンドブルック事件のことをずっと気にかけていたので、そのことをエリーに打ち明け、一緒に再捜査をはじめます。

 

それぞれの結末

ダニーの事件

被告人のジョーの弁護士マギーはジョーが証拠品を捨てているところを目撃したというエリーの姉の証言が、妹のエリーから借金返済のためのお金をもらった後だったという事実を明らかにします(エリーは証言のためにお金を渡したのではなさそうでしたが...)。このことも影響してジョーは無罪になります(証拠が十分でないという判断)。

ジョーはまた元の場所で暮らすことを望みます。納得のいかない事件の関係者たち(被害者家族のラティマー家や元妻のエリー、司祭のポール)は、ジョーにもうここには戻ってこないように告げ、更生施設に送りこの事件については一旦決着(?)がつきます。

サンドブルック事件

ピッパの持っていたネックレスがクレアのものだったことと、クレアの携帯に登録されていた電話番号がピッパの父親の仕事場の番号だったことが分かり、ハーディーとエリーはクレアとリーに揺さぶりをかけ、それぞれの取り調べから事件の真相が明らかになりました。

事件の夜、リサのストーカーを追い払ったことからリサとリーは良い関係になり、不倫してしまいます。結婚式を抜け出して家に戻ったピッパの父親にその現場を目撃され、リサに好意のあった父親は怒ってリサを殺します。そしてこの状況ではリーに不利な証拠がたくさん残っているので、通報しないようにリーを脅します。

家に戻ったクレアは事件の一部分を聞いていて混乱しているピッパを見つけ、ピッパの父親から渡された睡眠薬入りの飲み物を飲ませて寝かしつけた後、ピッパがリーがリサを殺したと勘違いしているとリーに伝えます。

それを聞いたリーは眠っているピッパを枕で窒息させます。

クレアとピッパの父親はリサの遺体を墓地に隠します。その時にクレアはピッパは父親が飲ませるように渡した睡眠薬入りの飲み物で娘が亡くなったことと、証拠の飲み物は森に隠したと嘘をつき、抜け駆けしないように父親を脅します。

偶然の出来事で起きた事件ですが、リーを束縛したかったクレアの思惑によって、ピッパまで殺害され複雑な事件になってしまったようです。

二人の証言から、ピッパの父親も逮捕され、行方不明だったリサの遺体も見つかりました。

 

回収されていない伏線

  • マークとトムの関係

ダニーの父親マークとダニーの友人トムもトレーラーで内緒で会っていました。

マークがもう会わないほうがいいと言っているシーンがありましたが、二人が何のために会っていたのかはわかりませんでした。

  • ジョーが無罪を主張した理由

ジョーは淡々と「やっていない、いつ自分は外に出られるのか」と言うだけで無罪を主張する理由は語らず最後まで分かりませんでした。

無罪になり裁判所を出るときに見かけたラティマー家からジョーは顔を背けていたので、何もしていないわけではない(罪悪感がある)と私は思いました。

無罪になってすぐに自分の家(家族のところ)に戻ろうとした気持ちも全く理解できなかった...

 

十分な証拠とは?

ジョーが証拠不十分で無罪になってしまったので、何が十分な証拠なのかということを考えさせられました。

 

ドラマではジョーが犯人と決定づける証拠と、別の人物の犯行と思われる証拠があり、それらの証拠の信ぴょう性が問われました。

ジョーが犯人であると裏付ける証拠

  • ダニーと連絡を取るための専用の携帯電話をジョーが持っていた
  • ジョーが犯行時に来ていた衣服をゴミ箱に捨てていた現場の目撃証言
  • 犯行時のアリバイがない

別の人物の犯行を裏付ける証拠

  • マークの同僚が海岸でジョーを運んでいたという目撃証言
  • 犯行現場から50m離れた場所にマークがいた

 

被告側の弁護士マギーは携帯電話のやり取りは他の人物(ジョーの妻エリーなど)によって細工できる可能性があること、目撃証言の信ぴょう性(賄賂をもらって証言した可能性)からジョーが関わったと裏付ける証拠は不十分であると主張します。

 

目撃者が少ない(特に一人しかにないとき)場合、何かの思惑があってその人が嘘をつく可能性があるし、目撃証言が本当に正しいのかどうかを判断する術もないので、どちらの目撃証言も参考にはなっても十分な証拠にならないと私も思いました。

携帯電話の証拠については十分のように思えますが、家族にも細工ができた可能性があると言われると、それ以上の反論はできないし...これも十分な証拠にはならなさそう...

ジョーが犯人という証拠も、別の人物が犯人という証拠もどちらも不十分で、結局疑わしきは罰せずという判断になりました。

結果は不本意だけど、ブロードチャーチの事件は捜査にお粗末なところがあったり、関係者の行動が軽率だったのも無罪にしてしまった原因になってしまったのかな...

 

裁判官が裁判員たちに「感情は抜きにして、証拠が十分なのかを判断してください」と言いましたが、否定し切れない色々な可能性があることを考えると、十分な証拠とは何だろう、十分な証拠は存在するのかとさらにもやもやした気持ちになりました。裁判員裁判でこんな状況になったら判断に苦しみそう...

 

ブロードチャーチはシーズン3まであるようです。

ずっと気にかけていたサンドブルック事件も解決し、心臓の手術も受けて健康面の心配もなくなったハーディーは次はどこに向かうのか、機会があったらシーズン3も見たいと思います(Netfrixで配信しているのかな...)。