思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

自転車のない生活

毎日自転車通勤しているのですが、先週自転車のタイヤがパンクしてしまいました。

週末に自転車屋さんまで修理をお願いしに行ってきたのですが、修理できず手ぶらで帰ってきました...

 

担当してくださった方からは、パンクしたタイヤ以外にも、自転車自体が曲がってしまっているとか(特にぶつかったりした覚えはないけれど、台風などでひっくり返ったことは何度かある...)、タイヤもだいぶ劣化しているし、ブレーキやギアも古くなっているなど、いろいろ問題点を指摘されました。

総合すると、壊れる寸前の状態なので安全面を考えると、パンクだけ直すことはできず、いろいろ修理すると新しい自転車が一台買えてしまうくらいの修理費用がかかりそうということでした。

 

大げさに言いすぎかもしれないとも思ったけれど、以前別の自転車で漕いでいる途中にペダルが折れる体験をしたことがあり、壊れる寸前と言われて「もう変えどきかな...」と思いました。

壊れた自転車を持って帰ってもどうしようもないので、その日に自転車を引き取ってもらったのでした(自転車を漕ぐとちょっと変な音もしていたし、近いうちに壊れるかもしれないという予感はしていた)。

高校に入学してからほぼ毎日通勤や通学で約20年もお世話になりました。

自転車を買ってくれた母にも、「もう直せないから引き取ってもらうね」と連絡したところ、「新しい自転車は27インチにしたら」と次の自転車についての提案が返ってきました。

 

その日はすぐに自転車を決められなかったので、今週はバス通勤です。

毎日の習慣でつい自転車置き場に向かってしまい、そういえばもうないんだと気づいた時に、納得して手放したものの、ちょっと寂しさも感じたのでした。

毎日使っていたものだったので、思っていた以上に不便を感じてしまいます。

 

早く新しい自転車を買わなくては...

大きいタイプにするか、折りたたみの小さなタイプにするかを今考え中です。

ブリジストンのシルヴァという折り畳み自転車が気になっています。

家に持って上がれるから、自転車置き場に置くよりは雨ざらしにならずに長持ちしそう。

休み明けから使えるように連休中に決めたいです。