思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

ローカル電車の旅 in 鳥取・島根 その7

3日目は鳥取を離れて島根に向かいます。

 

目次

 

観光列車「あめつち」に乗って松江に向かいます。

f:id:i_knit_you_purl:20190210213401j:plain

 

倉吉から乗りました。

f:id:i_knit_you_purl:20190210211933j:plain

あめつちが倉吉駅に到着

 

あめつちとは

JR西日本旅客鉄道米子支社が2018年7月から運行を開始した観光列車です。

島根県出身の「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語」などを監督した錦織良成さんが監修、「ハウルの動く城」などのジブリ作品の美術監督の吉田昇さんが色彩のデザインを担当しました。

チケットは乗車の1ヶ月前からみどりの窓口で予約が可能です。

ほぼ1ヶ月前に予約しに行きましたが、すでに結構席が埋まっていたので(カウンター席が良かったけれど4人がけの席しか空いていなかった...)、早めに予約した方が良さそうです。

f:id:i_knit_you_purl:20190210214425j:plain

乗車券とグリーン席の切符が必要です

www.jr-odekake.net

 

各駅でのお出迎え

あめつちの停車駅では駅員さんやご当地のキャラクターが見送ってくれます。

f:id:i_knit_you_purl:20190210211038j:plain

倉吉駅ではシックな制服を着た駅員さんが旗を振って見送ってくれます

各駅、個性があるお出迎えだったのに、シャッターチャンスを度々逃してしまったのが残念でした...

f:id:i_knit_you_purl:20190210211445j:plain

米子駅でシャッターチャンスを逃してしまう...

米子駅でははっぴを着た駅員さんが笑顔で見送ってくれました。

ちゃんと撮れたのは倉吉の駅員さんだけでしたが、各駅で歓迎してくださった方たちは私の記憶に嬉しかった思い出として残っています。

 

車内の装飾

カラフルなのにどこか落ち着く色彩です。

f:id:i_knit_you_purl:20190210214143j:plain

車内の雰囲気

4人がけ、2人がけ、カウンター席など、大人数でも一人旅でも楽しめる座席になっています。

車内の様々な場所で、鳥取・島根の工芸品が使われています。

天井は因州和紙、入口の壁は絣、洗面は陶器、壁に智頭杉が使われていました。

f:id:i_knit_you_purl:20190210212237j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20190210212506j:plain
因習和紙の天井(左)と出雲織の装飾(右)
f:id:i_knit_you_purl:20190210212551j:plain
f:id:i_knit_you_purl:20190210212539j:plain
智頭杉の装飾(左)と岩井窯の手洗い器(右)

f:id:i_knit_you_purl:20190210213247j:plain

机の装飾は石州瓦

石州瓦がココアパウダーをまぶした生チョコにすごく似ていて、机を見るたびに生チョコが食べたいなと思ってしまいました。

なかなか地方の工芸品を見る機会はないので、電車をきっかけに、工芸品に触れられる面白いアイディアだなと思いました。

 

おみくじを引く

乗車すると車掌さんがおみくじを引かせてくれました。

f:id:i_knit_you_purl:20190210213507j:plain

かわいく折りたたまれたおみくじ

おみくじの下には記念スタンプを押すスペースがあります。

f:id:i_knit_you_purl:20190210213605j:plain

偶然母と同じ内容だったみたいです

 

山陰地方らしい景色

日本海に沿って列車が走ります。日本海や大山が見えるポイントでその場所の説明をアナウンスしながら、徐行して走ってくれます。

鳥取に到着した1日目は天気が良く綺麗な大山が見えましたが、この日は天気が悪く(全国的に雪が降ったり大荒れの日だった)、雲で大山は見えず、海の波も荒く山陰らしいなと思う天気でした。

 

添乗員さんが今日は「お天気が悪かったので...」と申し訳なさそうに(添乗員さんは全然悪くない)あめつちの車窓の眺めをまとめたポストカードをプレゼントしてくれました。

f:id:i_knit_you_purl:20190210214630j:plain

あめつちから見える景色をまとめたポストカード

綺麗なポストカードを眺めていると、さっきまで「山陰地方はこんな天気が多いから」と納得していたはずなのに、「晴れていたらこんな風景が見られたのか...」とちょっと複雑な気持ちになってきました。綺麗なポストカードは旅の記念になって嬉しかったです。

 

車内販売

寒かったので、車内販売でホットコーヒーと島根県で作られているプリンを購入しました。

f:id:i_knit_you_purl:20190210213736j:plain

ホットコーヒーとたなべのたまごプリン

コーヒーは多分普通のコーヒーと思いますが、ブラックでもスッと飲めるすっきりとした味のコーヒーでした。

プリンは島根県の農場で育てたニワトリの卵を使ったプリンで、あっさりした味でした。

母はプリンに使われている牛乳の風味が良いととても気に入っていました。

 

1時間半ほどで松江に到着しました。

松江ではまつえ若武者隊の方が2人来ていて、記念写真に応じてくれたり、写真撮影をしてくれたりしていました。武者がカメラを構えて写真を撮っている姿が滑稽で和みました。