思いついたときに書く日記

日々のできごと、ときどき趣味のこと

感想 : The Great British Bake Off Season5(1〜5週目)

f:id:i_knit_you_purl:20181126212915p:plain

 

BSの放送局Dlifeで放送中のThe Great British Bake Off Season5が折り返し地点に来ました。

1〜5周目までのスターベイカー(最も成績のよかった人)と最下位のベイカー、記憶に残ったことなどをまとめました。

 

目次

 

1~5週目までの課題と結果

 

1週目:ケーキ 

スターベイカー:Nancy

脱落者:Claire

12人のベイカーで10週に渡り、お菓子づくりの腕を競います。

最初の課題はケーキ。スポンジの焼き加減や指定の数のケーキを均一に作れるかなどの技術なども評価されました。

よく孫とお菓子を作っているNancyがデザインや正確性を評価されスターベイカーに。

ケーキを焼きすぎてしまったClaireが脱落します。

 

2週目:ビスケット

スターベイカー:Luis(だったかな...)

脱落者:Enwezor

今週も焼き加減がポイントでした。焼きすぎると固くなり、焼きかたが足りないと生焼けになり、絶妙な焼き加減が求められていました。マスターピースチャレンジで市販のフォンダンを使ってしまったEnwezorが去ります(手作りしないといけなかったよう)。

Jordanは日本の可愛いものが好きでお菓子のモチーフのヒントにしていました。モンスターがポップで可愛いかった。

最近JordanがDlifeのtwitterアカウントにコメントしてくれたそう!

https://mobile.twitter.com/LaPetitLion/status/1019983125957566464

 「何と書いてあるのかわからないけど、モンスターアタックのことだと思う。」とコメントしていました。twitterやっている方は説明してあげてほしいなと思いました。今もお菓子づくりを楽しんでいる(腕も上げている!?)ようで嬉しいです!

 

3週目:パン

スターベイカー:Richard

脱落者:Jordan

我慢強く、よく発酵させることと焼き加減がポイント。この頃から正確に作れていることに加えて、味の独創性やデザインなどもより重視されていました。

建築家のRichardがデザイン性の高い作品を評価されスターベイカーに。

Ianは天然酵母を持参して審査員を驚かせます(パン作りが得意だったのかな)。

Jordanは自分の好きなイチゴやラズベリーなどの水っぽい食材を使ったためにパンを生焼けにしてしまい脱落します。自分の好きな材料でもパンとの相性が良くなかったんですね... 

  

4週目:デザート

スターベイカー:Richard

脱落者:Ian

2週連続でRichardがスターベイカーに選ばれる。

Ianが問題行動を起こし、脱落する...

先週酷評されたNormanは飾り付けを工夫するも、味が無難と言われてしまう。私はNormanは今週頑張っていたと思うので、Paulはちょっと厳しすぎるような気がする...がっかりせずに頑張ってほしい(Normanはいつも前向きだから多分大丈夫!)。

 

5週目:パイとタルト

スターベイカー:Kate

脱落者:Norman

Dianaが体調不良で出演を断念し7人でスタートします。

今週の課題はどの人も風味や焼き加減にかなり苦戦していました。

スターピースチャレンジで味とデザインを評価されたKateがスターベイカーに。

メレンゲとラベンダーのパイで失敗したNormanが脱落します。Normanは味については評価が高かったものの、工夫がもっと求められていたのかなと思いました。

いつも評価の高いMarthaが珍しく苦戦していてKateがちょっと手伝ってあげていました。

NancyがRichardに鉛筆を借りるシーンも面白かった(Richardは八百屋さんのようにいつも耳に鉛筆を挟んでいるのでいつでも貸してあげることができる)。

 

1〜5週目で印象的だったこと

4週目のできごとが印象的でした。

  • Ianの問題行動

アイスクリームを使ったケーキの課題で、アイスクリームを冷やすのに冷凍庫を使いますが、何人かで共有して使っていたのでそこで問題が起きます。

Ianが他の人(?)の冷凍庫にアイスクリームを入れたため、中身がいっぱいになりDianaがIanのアイスクリームを外に放置してしまいます(決まった場所に入れなかった人が悪いのかもしれませんが声をかけずに放置してしまったのはちょっと理解し難かったです)。

その日は気温がとても高かったのでIanが気付いた時にはアイスが溶けていました。司会のスーがどう見せられるようにするか考えましょうと励ましますが、がっかりしたIanはケーキをゴミ箱に捨ててしまったのです。

  • 評価についての思い込み

審査員のPaulとMaryはアイスは溶けてしまったけど、それ以外のスポンジやメレンゲなどは審査できるから捨てずに持ってきて欲しかったと言いました。

完成していなければ評価さえしてもらえないと思い込んでいましたが、やむを得ない場合はできたところまでは評価してもらえることに気付かされます。

  • 感情的になったことでチャンスを逃してしまった

事前にレシピを考え練習し、真剣に取り組んでいるので、このアクシデントで感情的になっても仕方ない(私でもそうなる)と思いました。

ただ、感情的な行動をとってしまったことで、評価してもらえるチャンスを失ってしまいました。

他のベイカーのNormanの評価もあまり良くなかったので、ケーキを捨てずに評価してもらっていたら来週も残れていたかもしれません。

個人的にIanのゴマペーストとハチミツのアイスは美味しそうだなと思っていたので、出来上がりを見てみたかった...

 

公式ページが面白い

最後にThe Great British Bakeoffの公式ページが面白いです。

英語ですが、ベイカーの紹介ページは各シーズンのベイカーの情報が載っていて、これを読んで番組を見るとより作り手の個性を理解して見ることができます(出身、家族構成、仕事、お菓子づくりを始めたきっかけなど比較的読みやすい内容です)。いつも前向きに課題を楽しむEnwezorが好きでしたが、ナイジェリアと日本人のハーフだったんですね!

 

来週の課題はヨーロッパのケーキ。課題の難易度がどんどん難しくなっていきそうです。

後半どんな展開になるのか楽しみです!